アニメ・漫画

タカラトミーTwitterリカちゃん炎上の理由やツイート内容は?詳細まとめ!

タカラトミーが運営するTwitterアカウントで「リカちゃん人形」に関する不適切なツイートが行われたとして話題になっていました。

そのツイートは現在削除されているのですが、どうやら少女に関する犯罪を想起させるような内容のツイートをしてしまったようです。

ネット上でも「あくまでネタでしょ」と考えている人もいれば、「冗談で済まない」と考えている人もいるようで、詳しいツイートの内容などが気になりますね。

今回のタカラトミーTwitterのリカちゃんについてのツイートでの炎上事件について、詳しい経緯や内容をまとめたいと思います!


タカラトミーTwitterのリカちゃん炎上の理由やツイート内容は?

今回炎上したタカラトミーの公式Twitterアカウントですが、噂によるとリカちゃん人形に対してだいぶ攻めたツイートをしてしまったところ炎上となったようです。

具体的にはリカちゃん人を知り合いの女子小学生に見立てて、「個人情報」として身長や体重について書いたり、下着アイテムについてのツイートをしていたそうですね。

さらにこのタカラトミーの公式も中年男性見立てて、

「昨日久しぶりに(リカちゃんに)電話したらクリームシチューを食べたと教えてくれました。こんなおじさんにも優しいリカちゃん…」

といったツイートもしていたそうです。

 

これについて、「あまりに発言内容やリカちゃん人形を小学生に見立てておじさんセクハラツイートをしているのが気持ち悪い」という意見が多く寄せられたためにタカラトミーアカウントはツイート削除&謝罪をしています。

以上が今回のタカラトミーの炎上の詳細と経緯です。


タカラトミーの炎上は本当に悪い?擁護の声も?

ただ、この炎上についてはあくまでタカラトミーのアカウントとしても冗談だとはっきり分かるようなスタンスでツイートをしていたことから、

「ネタにそこまでマジにならなくてもいいのでは?」

という擁護の声も複数寄せられているようです。

 

ただその反面、いくら冗談でも犯罪につながるような幼女の個人情報を暴露するようなことを冗談半分でやるべきではないという意見ももちろんありました。

両方の意見が出ていますが、批判が多いのであれば企業としては対応したほうがいいですね。

 

自分も少し前からタカラトミーの公式Twitterを見ていて、ちょっと危なっかしいと感じていたのですが予想通り炎上しましたね。

今回ほどではないにしてもあまり企業の公式アカウントではないような(自社製品の映像作品を『見る抗うつ剤』と言ってしまうなどの)発言が多くツイートされていました。

それが面白く感じる人もいてフォロワーも伸びていたようですが、以前にタカラトミーの株式総会でも、

「子供向け作品のトランスフォーマーを『見る抗うつ剤』などとツイートするのは流石にやり過ぎではないか?」

という意見が投資家から出ていたようですね。

こういった感じスタンスでツイートをしていたので、今回一線を越えてしまったという事でしょうか。

ただこういった炎上を経験することでこれ以上行ってはいけないラインというものが分かると思うので、今後にそれを活かして繰り返さないようにしてもらいたいですね!

READ≫  関西みらい銀行の住宅販売会社はどこ?営業担当男性は誰?【和歌山支店で不正融資】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!