炎上

17歳祖父母殺害事件の母親の顔写真は?名前は立川千明で現在の年齢は?

2014年に起きた17歳の少年が実の祖父母を○害してキャッシュカードなどを奪った事件をご存知でしょうか?

その少年は母親や父親から過度な虐待を受けていて、この事件も母親の指示だったと言われています。

この母親の現在がどうなっているのか?名前や顔も含めて調査していきたいと思います!


17歳祖父母殺害事件の母親の顔写真は?名前は立川千明で年齢は?

この17歳の少年が起こしてしまった事件ですが、2014年に埼玉の川口市で起こりました。

実の祖父母である小沢正明さんと千枝子さんに対して犯行を行い、金銭を奪っています。

この事件は実行したのは少年ですが、指示を出したのは母親とされていました。

そして少年が懲役15年の判決だったのに対して、母親は4年程度と少なかったこともあり当時はかなり炎上したそうです。

そのため母親に対してかなり世間からの不信感を集めとても注目された事件となりました。

実際にMOTHERという映画の元にもなるほどでしたね。

この母親の名前ですが、立川千明と報道されています。

また年齢は事件当時が41歳だったので、現在は47歳前後だと思われます。

 

立川被告の顔写真ですが、残念ながら報道されることはありませんでした。

少年は未成年だったため名前も顔も出ませんでしたが、こういう部分も含めて母親に対する処罰が甘すぎると話題になったのです。


17歳祖父母殺害事件の母親の現在は?

この母親である立川千明被告の現在はどうなっているでしょうか?

2014年9月に懲役4年6か月が求刑されているため、それから6年たった現在は釈放されていると思われますね。

おそらく偽名などを使って生活していると思われますが、少年が未だに出所できないことを考えるととても複雑な気持ちになります。

そもそもなぜ母親に対する罰則は多くの人が望むものより少なかったのでしょうか?

共犯であればもっと判決は重くなると思いますし。

その秘密は当時のやり取りに合ったようです。

母親は少年に対して、祖父母から現金を借りてくるように言われて、借りられない場合は「〇してでも借りてこい」というように指示していたようです。

裁判ではあくまでそういったのは比喩と言うか、それくらいの気持ちで借りるように頼めといったつもりであり実際に犯行を指示したわけでは無いと発言していたそうです。

このため罪が軽くなったのだと思われます。

ですが、それまでの少年に対する教育が普通では信じられない程の酷いものであり、そのような言い方をしても実際に犯行に及んでしまうような精神状態に陥れていたと言われています。

そのため、この判決には多くの人が不満を持ったようです。


少年の現在は?

この少年には母親よりも思い刑罰が出されており、懲役15年で今も服役していると思われます。

母親からの長期間に渡る洗脳があったにも関わらずこのような差が出てしまう事は本当にいたたまれない気持ちになります。

少年は人と同じような境遇の子供たちに向けて自身の詳しい生い立ちや当時の気持ちなどを伝える本を執筆しています。

 

この本によって今後は同じような事件が起こらない事を祈りたいです。

READ≫  【動画】ピーチ航空マスク着用拒否の男性の実名と顔が特定?職業は?
error: Content is protected !!